人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

過疎の村

和歌山県の飛び地北山村には素晴らしい観光筏下りと、特産品のジャバラがある。
北山村は独自の視点で過疎を盛り上げる努力をています。
過疎の村が生き延びる手立ては着実に進めている感じですが、過疎の人口減を止める手立てが見つかりにくい。
d0147530_08282941.jpg


d0147530_08284449.jpg


d0147530_08285412.jpg


d0147530_08290439.jpg


d0147530_08291734.jpg


d0147530_08292958.jpg


d0147530_08295433.jpg

by hunkorogash | 2019-06-30 08:30 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

植魚の滝

紀南の秘境と言れる古座川町松根から、狭い曲がりくねった道路を更に30分ほど上り、深い渓谷を胸までの長靴で40分程度登ると植魚の滝とハリオの滝に着いた。植魚の滝は大塔山の真下辺りと教えてもらった。
深い谷には山蛭があり岩場や木立の上から落ちてくる。首にタオルを巻き滝に辿り着いた。湿度が高くカメラが濡れてきた。
d0147530_09360236.jpg


d0147530_09361387.jpg


d0147530_09362698.jpg


d0147530_09365197.jpg


d0147530_09371040.jpg


d0147530_09372151.jpg


d0147530_09373028.jpg

by hunkorogash | 2019-06-28 09:38 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

大瀬の廃校

和歌山県白浜町日置川奥の川添から車で40分程、狭い道を上ると将軍川の傍に大瀬小学校がある。
廃校になって久しく崩れそうになっていた。数軒在った家も住人が居なくなって荒れ放題になっていた。
大瀬の廃校も杉木立に覆われ道路から見えにくい。先日全景校舎を掲載した。今回は校舎の内部を撮影しました。
d0147530_10155543.jpg


d0147530_10160357.jpg


d0147530_10161310.jpg


d0147530_10162228.jpg


d0147530_10163158.jpg


d0147530_10164145.jpg


d0147530_10170069.jpg


d0147530_10172397.jpg


d0147530_10174284.jpg



by hunkorogash | 2019-06-26 10:18 | その他の風景 | Trackback | Comments(0)

水連

水連は勢いのある花です。田圃いっぱいに瞬く間に広がり水面が蔽いつくされていた。
可成り奥地にある水連田ですが花を楽しみに人々が集まってくる。
d0147530_10024468.jpg


d0147530_10025107.jpg


d0147530_10025759.jpg


d0147530_10030689.jpg


d0147530_10031635.jpg


d0147530_10032595.jpg


d0147530_10034160.jpg


d0147530_10034846.jpg


d0147530_10035402.jpg

by hunkorogash | 2019-06-24 10:04 | 紀南の草花 | Trackback | Comments(0)

丸山千枚田

三重県尾鷲市紀和町にある丸山千枚田はオーナを募り維持しています。
春は田植え、秋は稲刈りのイベントで盛り上げている。
子供たちは泥んこになってはしゃぎ廻る。秋は取れたての新米がオーナーの皆さんに送られます。
d0147530_11022393.jpg


d0147530_11023403.jpg


d0147530_11024559.jpg


d0147530_11030026.jpg


d0147530_11033415.jpg

by hunkorogash | 2019-06-22 11:04 | 紀南の出来事 | Trackback | Comments(0)

過疎の山里

山里に暮らす家々は所々にあっても人はまれにしか見かけない。時たま出会うのもお年寄りの方ばかり。
それでもお年寄りは住めば都と言って明るく住んでいる。山里の隣同士の絆は固い。
昨日まで開いていた雨戸が開かなくなれば空き家が増え一人減る。
d0147530_10454415.jpg


d0147530_10455340.jpg


d0147530_11385578.jpg


d0147530_11391149.jpg


d0147530_11392640.jpg


d0147530_11393535.jpg

by hunkorogash | 2019-06-20 11:40 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)

南高梅

南高梅の収穫が盛んにおこなわれている南部や田辺。臨時の梅取りの人を確保し、梅農家さんは、少しでも高値販売目出して頑張っている。
梅は雨に似合う果樹でもあります。赤く熟した実は取って食べたい感じがする。
d0147530_11072445.jpg


d0147530_11073427.jpg


d0147530_11074143.jpg


d0147530_11075495.jpg


d0147530_11080786.jpg


by hunkorogash | 2019-06-18 11:08 | その他の風景 | Trackback | Comments(0)

椎の灯茸

紀南の山中にはこの時期シイノトモシビダケを見ることが出来る。
昼間は枯れ葉色していて小さいことから発見が難しい。辺りが暗くなると光りだす。
最近は一目見ようと多くの人々が訪れ踏み荒らして少なくなった。
一人ですざ椎の大木の茂で、倒木に生える灯茸を探しあて、撮影するのには根気と度胸がいります。
ムカデや蛭、山蚊には困ります。たまに蝮に出会うこともある。
d0147530_10045948.jpg


d0147530_10050841.jpg


d0147530_10051694.jpg


d0147530_10052526.jpg


d0147530_10053653.jpg


d0147530_10054570.jpg

by hunkorogash | 2019-06-16 10:06 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

叢の営み

過疎を写そうと駆けずり回っているとホッとする草花に出会った。
この畑もあの屋敷跡にも花は咲き当時の面影が偲ばれます。
d0147530_11074682.jpg


d0147530_11080154.jpg


d0147530_11081102.jpg


d0147530_11082075.jpg


d0147530_11082822.jpg


d0147530_11083903.jpg

by hunkorogash | 2019-06-14 11:10 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

空き缶

人々が飲んで食べて空にしたお酒やジュースの空き缶が潰され高く積み上げられていた。
私の飲んだビールの空き缶も在るのだろうかと考えた。模様や色合いを眺めてると抽象画にも見えてくる。
d0147530_13591567.jpg


d0147530_13592676.jpg


d0147530_13593913.jpg


d0147530_13594868.jpg


d0147530_14000150.jpg


by hunkorogash | 2019-06-12 14:00 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)