カテゴリ:紀南の暮らし( 184 )

囲いの中

過疎地は猪や鹿サルが田畑の作物を食い荒らしている。
サルや鹿は保護して猟師が捉えることが出来ず増えてしまった。
今保護条例を変え、猟を許可しているが、鉄砲撃ちが集まらず獣は野放し状態だ。特に猿は知恵があって捕まりにくい。
d0147530_15084262.jpg


d0147530_15085337.jpg


d0147530_15090338.jpg

by hunkorogash | 2019-02-20 15:09 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

続マグロ

市場の朝は早い。凛と張りつめた雰囲気の中慌しく仲買人の方が走り回る。
競り落とされたマグロは氷詰めにされて運び去る。
d0147530_09504229.jpg


d0147530_09502664.jpg


d0147530_09511022.jpg


d0147530_09505460.jpg


d0147530_09512302.jpg


d0147530_09513349.jpg

by hunkorogash | 2019-01-23 09:52 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(1)

河川敷の干し大根

年間で一番寒い時期、富田川の河川敷で見事な干し大根を見ました。
風のない穏やかな朝の枯野は霜で白く光っていました。日中は温かくなりそうです。
d0147530_09370766.jpg


d0147530_09371747.jpg


d0147530_09373180.jpg


d0147530_09374765.jpg


d0147530_09375595.jpg

by hunkorogash | 2019-01-21 09:38 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)

どんど焼き

田辺市で小正月のどんど焼きがあった。以前は大きな穴を掘りその中で焼いていた。
海岸も埋め立てられ、穴の掘れる場所も少なく、僅かな空き地でお年寄りの皆さんが焼いていた。
d0147530_15311201.jpg


d0147530_15312264.jpg


d0147530_15312965.jpg


d0147530_15314382.jpg


d0147530_15315279.jpg

by hunkorogash | 2019-01-16 15:33 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

新年神事

紀伊山地の山々が重なるように迫っている古座川。小さな集落が毎年新年の神事をする。
無病息災を願う初神事です。古いお札が残されていて、撮影を許されました。
d0147530_11080826.jpg



d0147530_11083138.jpg


d0147530_11091663.jpg


d0147530_11093452.jpg


d0147530_11094940.jpg


d0147530_11100494.jpg


d0147530_11103283.jpg


d0147530_11104919.jpg


d0147530_11110398.jpg

by hunkorogash | 2019-01-14 11:12 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)

吉村家防風林

十津川村百瀬の三浦峠登り口辺りの山中一帯の杉の巨木は防風林と思われる。
幹回り4m~8mで樹齢500年前後と推定されます。ここは吉村家の屋敷跡で旅籠も営まれており、昭和25年(1948年)まで居住してたという。この辺りまでが往時の三浦集落範囲と思われるが、北には伯母子峠、南には三浦峠を控えた位置的条件から、小規模ながら宿場的機能を果たしていたものと考えられます。(十津川村教育委員会より)
d0147530_08513167.jpg


d0147530_08514017.jpg


d0147530_08514992.jpg


d0147530_08515716.jpg


by hunkorogash | 2019-01-04 08:55 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

漁港の忘れ物

閑散とした漁港は北西風の風音だけで静かな朝でした。港には漁具の忘れ物が彼方こちに転がっていた。
d0147530_11205047.jpg


d0147530_11210366.jpg


d0147530_11211282.jpg


d0147530_11212221.jpg


d0147530_11213113.jpg



by hunkorogash | 2018-12-28 11:22 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

うつぼ

うつぼは見た目が非常に悪く獰猛です。そのうつぼを人間は捕って食てしまう獰猛者です。
捕らえてすぐ包丁を入れ干す。魚は新鮮なほど旨い。
d0147530_10153986.jpg


d0147530_10155220.jpg


d0147530_10155973.jpg


d0147530_10161684.jpg


d0147530_10162519.jpg

by hunkorogash | 2018-12-14 10:17 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

里山の晩秋

雨模様の日国道から見た大銀杏も尊大感があっていいなと思いました。
傍らで雑草を燃やす煙がたなびき山間に冬の訪れを告げていました。
d0147530_08145881.jpg


d0147530_08152209.jpg


d0147530_08153676.jpg

by hunkorogash | 2018-12-12 08:16 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

うつぼの季節

師走になるとうつぼ干しが紀南各地の漁港でみられる。北西の風に煽られて干すうつぼは旨い。
紀南の冬の風物詩です。
d0147530_08392939.jpg


d0147530_08394800.jpg


d0147530_08400297.jpg


d0147530_08402182.jpg


d0147530_08403035.jpg


by hunkorogash | 2018-12-09 08:41 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)