人気ブログランキング |

カテゴリ:紀南の風景( 625 )

修験の滝

和歌山県田辺市下川を流れる安川渓谷の緑は今が美しい。
民家の途切れた場所から林道を40分ぐらい車で行くと、安川渓谷の源流に程近い処に修験の滝がある。
雨の滝は水嵩もあり囂々と流れ落ちていた。濡れた木々の緑が瑞々しくて輝いて見えました。
d0147530_08171344.jpg



d0147530_08170477.jpg


d0147530_08173873.jpg


d0147530_08172084.jpg


d0147530_08180846.jpg


d0147530_08174667.jpg



by hunkorogash | 2019-07-06 08:19 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

合歓の花

渓谷の傍に川幅いっぱいに合歓の花が咲いていた。奥に行くほど花の色が鮮やかで美しい。
梅雨時期の花で爽やかな色合いがよく似合う。
d0147530_08100304.jpg



d0147530_08104279.jpg


d0147530_08103489.jpg


d0147530_08105018.jpg


d0147530_08105752.jpg



by hunkorogash | 2019-07-04 08:23 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

ハリオの滝

今回はハリオの滝を紹介いたします。植魚の滝よりも右に位置していて流れも繊細です。
湿度が高く苔が美しい。雨も多くて水量もあり飛沫が光飛び散っていました。
d0147530_08234590.jpg




d0147530_08240086.jpg




d0147530_08240854.jpg




d0147530_08241648.jpg




d0147530_08242391.jpg




d0147530_08242971.jpg

by hunkorogash | 2019-07-02 08:36 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

植魚の滝

紀南の秘境と言れる古座川町松根から、狭い曲がりくねった道路を更に30分ほど上り、深い渓谷を胸までの長靴で40分程度登ると植魚の滝とハリオの滝に着いた。植魚の滝は大塔山の真下辺りと教えてもらった。
深い谷には山蛭があり岩場や木立の上から落ちてくる。首にタオルを巻き滝に辿り着いた。湿度が高くカメラが濡れてきた。
d0147530_09360236.jpg


d0147530_09361387.jpg


d0147530_09362698.jpg


d0147530_09365197.jpg


d0147530_09371040.jpg


d0147530_09372151.jpg


d0147530_09373028.jpg

by hunkorogash | 2019-06-28 09:38 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

椎の灯茸

紀南の山中にはこの時期シイノトモシビダケを見ることが出来る。
昼間は枯れ葉色していて小さいことから発見が難しい。辺りが暗くなると光りだす。
最近は一目見ようと多くの人々が訪れ踏み荒らして少なくなった。
一人ですざ椎の大木の茂で、倒木に生える灯茸を探しあて、撮影するのには根気と度胸がいります。
ムカデや蛭、山蚊には困ります。たまに蝮に出会うこともある。
d0147530_10045948.jpg


d0147530_10050841.jpg


d0147530_10051694.jpg


d0147530_10052526.jpg


d0147530_10053653.jpg


d0147530_10054570.jpg

by hunkorogash | 2019-06-16 10:06 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

叢の営み

過疎を写そうと駆けずり回っているとホッとする草花に出会った。
この畑もあの屋敷跡にも花は咲き当時の面影が偲ばれます。
d0147530_11074682.jpg


d0147530_11080154.jpg


d0147530_11081102.jpg


d0147530_11082075.jpg


d0147530_11082822.jpg


d0147530_11083903.jpg

by hunkorogash | 2019-06-14 11:10 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

巨木

国有林にあると共に神を祀る森でもある。何百年もの樹齢は魂が宿っているみたいだ。
南方熊楠が神社仏閣の合祀を反対していたお陰で今も神社の杜は残っている。
d0147530_10014824.jpg



d0147530_10015909.jpg



d0147530_10020655.jpg



d0147530_10022169.jpg



d0147530_10022931.jpg



d0147530_10023755.jpg



d0147530_10025490.jpg

by hunkorogash | 2019-06-02 10:05 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

川又観音

和歌山中部の印南の川又観音には数は少ないが美しい石楠花がある。
大きな栃の木もあって、滝が流れ風情がある。祭りはもう終えていた。
d0147530_09484352.jpg


d0147530_09485233.jpg


d0147530_09490072.jpg


d0147530_09490945.jpg


d0147530_09492042.jpg


d0147530_09492663.jpg


by hunkorogash | 2019-05-29 09:50 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

神域

苔生す大木に囲まれた神社は神々しくて威厳に満ちている。
しめ縄に大きなご幣を飾り特別な雰囲気が漂っていた。森全体が神の棲む場所に思えました。
d0147530_10025060.jpg


d0147530_10030049.jpg


d0147530_10030787.jpg


d0147530_10031450.jpg


d0147530_10032197.jpg


d0147530_10033470.jpg

by hunkorogash | 2019-05-27 10:09 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

護摩壇山の新緑

護摩壇山の新緑が一段と映えて美しい季節を迎えている。
澄み切った空気が身も心も新鮮にしてくれる。素晴らしい爽やかな季節です。
d0147530_12054494.jpg


d0147530_12055944.jpg


d0147530_12060669.jpg


d0147530_12061701.jpg



by hunkorogash | 2019-05-17 12:06 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)