人気ブログランキング |

2019年 06月 16日 ( 1 )

椎の灯茸

紀南の山中にはこの時期シイノトモシビダケを見ることが出来る。
昼間は枯れ葉色していて小さいことから発見が難しい。辺りが暗くなると光りだす。
最近は一目見ようと多くの人々が訪れ踏み荒らして少なくなった。
一人ですざ椎の大木の茂で、倒木に生える灯茸を探しあて、撮影するのには根気と度胸がいります。
ムカデや蛭、山蚊には困ります。たまに蝮に出会うこともある。
d0147530_10045948.jpg


d0147530_10050841.jpg


d0147530_10051694.jpg


d0147530_10052526.jpg


d0147530_10053653.jpg


d0147530_10054570.jpg

by hunkorogash | 2019-06-16 10:06 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)