消防出初式

正月休みも5日の消防出初式までが多いい。
残りの雑煮をすすりながら新聞の記事を思い出した。「織田がつき、羽柴がこねた天下餅、骨を折らずに食うは徳川」という江戸時代の落首。戦国時代を見事にまとめた表現。一方で日本人と餅との深い関係を示しているように思う。
d0147530_11483247.jpg


d0147530_11485089.jpg


d0147530_114939.jpg

by hunkorogash | 2017-01-06 11:50 | 紀南の出来事 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hunkorogs.exblog.jp/tb/23763732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2017-01-06 14:18
消防出初め式の、勇姿をありがとうございます、バグースです。我が町は明後日かと思います。
Commented by hunkorogash at 2017-01-07 14:17
arak_okano さん
何処に在っても出初式は消防士の花です。
私の孫も京都の消防士に4月から入庁です。。