<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寒い朝

川霧の中
穏やかに晴れた冷たい朝は、川霧が立ち幻想的な風景をかもし出していました。
そんな中、水鳥の群れが淀んだところで波紋を広げていた。
d0147530_4433482.jpg


いつも応援ありがとうございます♪ ( 2枚 )
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-30 06:42 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(10)

三寒四温

霜の朝
山深く風の無い冷え込んだ日は、真っ白な霜が木々にまで降り雪が降ったようにも見えます。
こんな日は小春日和の穏やかな天候に恵まれるので子供の頃には嬉しかった。
d0147530_751852.jpg


いつも応援ありがとうございます♪
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-27 07:18 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(8)

朝露

クリスマスツリー
朝霧のたちこめる冷たい朝の露は細かくてひときわ美しい。
太陽が差し始めると宝石をちりばめたように輝く。
d0147530_8563083.jpg


いつも応援ありがとうございます♪
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-24 09:23 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(10)

襲う

年末で急がしくして葉牡丹の鉢上げをしていた時に見た光景です。
それはカマキリの凄まじい生えの姿でした。
キャノンEOS-5・マクロ100㍉・RVP50
d0147530_632524.jpg

撮影場所 自宅の畑で (岩合光昭ネイチャーフォトコンテスト入賞)
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-21 06:44 | 入賞写真の中から | Trackback | Comments(10)

冬の風物詩

うつぼ干し
紀南沿岸の漁港では、師走の風物詩うつぼ干しが盛んです。
いかつい醜体でも、干してから揚げなどにすれば絶品です。特にお正月用の珍味として珍重されています。
数日前に行った時「うつぼ干しはもう終わりだよ」と漁師さんが教えてくれました。
そろそろ干し秋刀魚の時期に移行するのでしょう。
d0147530_6251050.jpg


いつも応援ありがとうございます♪ (3枚)
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-18 06:53 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(14)

霧の朝

雲海に飛び立つ
串本方面に行く予定が霧が多かったので高原に変更しました。
小鳥達のさえずりは聞こえてくるが姿が見えない。
その時群れて飛ぶ鳥が目の前を横切っていった。
d0147530_65517100.jpg


いつも応援ありがとうございます♪ ( 2枚 )
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-14 07:11 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(10)

くもの巣

雨上がりの朝
この日は昨夜来の雨も上がり風の無い冷え込んだ朝だった。
車を走らせていて梅畑が真っ白に輝いていることに気付き近寄れば物凄いくもの巣だった。
夢中でスライドフィルム2本写した中の1枚です。
d0147530_6214563.jpg

撮影場所 みなべ町 (コニカミノルタフォトコンテスト大賞)
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-11 06:31 | 入賞写真の中から | Trackback | Comments(10)

裸木の季(とき)

大銀杏も冬支度
夜来の雨が木々の葉を落としてしまい、大銀杏も冬えの身支度を急いでいた。
この辺りもいよいよ木枯らしの季節を迎えようとしていました。
d0147530_7113959.jpg


いつも応援ありがとうございます。
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-08 07:23 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(8)

霧の郷高原

この時期にしては暖かな朝でした。
雨上がりの早朝は霧が流れてこの高原でしか味わえぬ光景が広がっていました。
d0147530_6471516.jpg

撮影場所 田辺市中辺路町
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-05 06:52 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(10)

大銀杏

晩秋の大銀杏
大銀杏は裸木の季を迎え音も無くはらはらと黄金の雨を降らしていた。
駆け抜て来る師走の風が身心を冷やし続けました。
d0147530_7255430.jpg


いつも応援ありがとうございます 〈2枚〉
[PR]

by hunkorogash | 2008-12-01 08:12 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(8)