カテゴリ:紀南の暮らし( 162 )

我が家の温室

観葉植物を育てています。

d0147530_8353918.jpg

アレカヤシと手前モンステーラ

d0147530_8355456.jpg

コウモリラン
[PR]

by hunkorogash | 2016-08-21 08:39 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

上村の流れ施餓鬼

8月15日は各地域で精霊流しが行われ、夜遅くまで松明や花火を上げていた。
田辺市の安川渓谷では、麦わら舟に新仏を載せて火を放ち流す(県指定無形文化財)行事があった。
d0147530_854450.jpg


d0147530_8542149.jpg


d0147530_85433100.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-08-17 08:55 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

河童天国

今日も子供たちは元気に泳いでいた。
8月15には忘れることのない日。いつまでも守り続けたい日本の平和を・・・・・
d0147530_941177.jpg


d0147530_9413126.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-08-15 09:43 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

夏の日

猛暑の続く毎日。子供の河童天国!!。
d0147530_7554230.jpg


d0147530_7555814.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-08-11 07:56 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

夏の日

夏休みと共に炎天が続く。若人の天国です。熱中症も注意です。
d0147530_9203750.jpg


d0147530_921965.jpg


d0147530_921257.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-07-29 09:22 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

樟霊社胎内くぐり

この老樟は古来樟の精にあやかって樟霊社とし、又、無病息災を祈り長寿を願って多くの人々に崇められている。根幹部の空洞を通り抜ける「胎内くぐり」には備え付けの護摩木に願意・氏名記入し、これを奉持して胎内に入り出口の護摩舎に納めるとされています。
この老樟は和歌山県の天然記念物に指定されている。

d0147530_8373623.jpg


d0147530_8375015.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-07-17 08:39 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

南高梅

フランキー堺さんのお宅には「パパごはん」と呼ばれる料理があったと新聞で読んだ。
ごはんに味噌汁をかけたもので、いわゆる「猫まんま」らしい。
私の「猫まんま」は南高梅です。暑い日には毎日食べる。
明日は父の日。父と呼ばれる歳も過ぎ、梅干し爺と呼ばれる後期高齢者だ。
d0147530_11304032.jpg


d0147530_11305547.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-06-18 11:32 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

過疎の初夏

昨日まで何時ものように雨戸が開いていたのに今日は開かない。過疎が衰退の象徴です。
雑草が覆い被さり家は朽ちていく。

d0147530_99087.jpg


d0147530_991633.jpg


d0147530_992739.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-05-24 09:10 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

安久川大橋開通から一年

近畿自動車道が開通してから一年になる。安久川大橋も白浜温泉街に間に合わせ一部を残し開通した。
あれから一年。安久川大橋の完成前と今の橋を見比べてください。この橋はヤジロベー工法と呼ぶらしい。両方から工事は進んだ。

d0147530_11141661.jpg


d0147530_11143001.jpg


[PR]

by hunkorogash | 2016-04-20 11:15 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

落書き

板張りの腰掛けに落書きがしてあった。見ていると楽しくなった。

d0147530_08024041.jpg

d0147530_08022870.jpg


[PR]

by hunkorogash | 2016-04-16 08:03 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)