カテゴリ:紀南の風景( 529 )

里山の秋

里山の秋は好きだ。秋の夜長に虫の鳴き声を聞きながら月を眺める~・・。
月の光は知性を磨いてくれる。太陽の光は行動力生む。
d0147530_15395414.jpg


d0147530_15400293.jpg


[PR]

by hunkorogash | 2017-09-19 15:40 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

童謡公園

紀勢道が延伸して国道を走らなくなった。ゆっくりとリ海岸美を見ながら行く国道は最高です。
すさみ童謡公園は国道沿いにあります。黄昏の海を見ていると幸せな気分になります。
d0147530_08244304.jpg
遥か彼方にし四国山脈がかすかに見えています。

d0147530_08245268.jpg

日の出のすさみ方向です。
d0147530_08250025.jpg



[PR]

by hunkorogash | 2017-09-16 08:27 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

磯釣り銀座

秋風が吹き始めると磯釣りが盛ん。小さな島で小競り合いながら釣っている。
この辺の磯はとても釣れるらしい。
d0147530_08573785.jpg


d0147530_08574609.jpg


d0147530_08575375.jpg



[PR]

by hunkorogash | 2017-09-12 08:59 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

秋色探して

今年は稲刈がいつもより早く感じました。見渡すと稲株だけになっている。
此処には黄金の棚田が広がっていました。足元には忍び寄る秋の気配を感じた。
d0147530_08162539.jpg


d0147530_08163367.jpg


d0147530_08164241.jpg




[PR]

by hunkorogash | 2017-09-07 08:20 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

波涛

昔母親から生死の境の病には臍の緒を煎じて飲めば特効薬だと聞いた覚えがある。
今は金儲けに走っている。この根性は大波にさらわれでもすれば多少直るかなぁ~。
d0147530_11461527.jpg


d0147530_11462461.jpg


[PR]

by hunkorogash | 2017-08-29 11:47 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

波浪

台風5号が大雨をもたらし去った。
全国の気象が変わってしまい、何時何処で災害が発生するか判らない最近の気象状況です。
d0147530_08595031.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2017-08-10 09:00 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

朝の詩

早起きは「三文の徳」かも知れない。
よく晴れた早朝は爽やかでもあり、夜露を含んだ蓮や稲、虫たちが生き生き見える。
d0147530_10311934.jpg


d0147530_10313049.jpg


d0147530_10314303.jpg



[PR]

by hunkorogash | 2017-07-10 10:32 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

川皐月

奥熊野地方の川辺には皐月の赤い花が映えて美しい。
最近環境の変化だろうか、川皐月の花が少なく感じます。
d0147530_09221693.jpg


d0147530_09222430.jpg


d0147530_09223013.jpg



[PR]

by hunkorogash | 2017-07-08 09:23 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

里山

早朝の山間の里は静寂だった。畦道のお地蔵さんが話しかけてきそうに思えた。
d0147530_13131448.jpg


d0147530_13130241.jpg

d0147530_13125364.jpg


[PR]

by hunkorogash | 2017-06-17 13:14 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

安川渓谷

安川渓谷は緑が滴り落ちて来るようだ。
安川の源流にある修験の滝が水飛沫を上げていた。木々の葉は飛沫に揺れ、爽やかだった。
d0147530_13262474.jpg


d0147530_13263253.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2017-06-10 13:29 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)