さくら

だるま寺の春
寺の庭先で大きな白いだるまがじっとこちらを睨みつけている。
ハッとすると同時に、私たちに厳しく問いかけて来るものを感じます。
竦んだ気持ちを満開の桜が慰めてくれています。
d0147530_6154813.jpg




水鏡
d0147530_6161283.jpg

老樹芽吹く
d0147530_6162218.jpg

撮影場所 上富田町
[PR]

by hunkorogash | 2009-04-04 06:32 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/9550932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KETUNORI(^-^)ノ at 2009-04-04 07:22 x
だるまさんの視線におもわずひるみました(^^;
目力ありますね~
けど空の淡いブルーと桜がそれを和らげてくれているような感じがします♪
水面写真もエエですね!
水面が色あせてセピアっぽいのがお気に入りっす♪
Commented by マルコビッチ at 2009-04-04 07:57 x
邪念に惑わされてばかりいるので、ドキッ!とします。
世知辛い世の中ですが、だるまさんの目線、少しだけ暖かいような。
うーん、ちゃんと見守ってくれているんでしょうねえ。
やわらかい光の描写が素敵ですね!
Commented by 吾亦紅 at 2009-04-04 09:48 x
だるまさんは、屋根にのっかっているのですか?
裏に大きなだるまさんが、あるのですか?
後者だと思ったけど、どうかしら…
老樹の写真も、ふんころがしさんの視点の置き所なのでしょうね。
Commented by ai at 2009-04-04 11:31 x
私もどきっとしました!
邪念だらけなんですね・・・( ̄~ ̄;)
写り込みもきれいですね~
ラストは何の木だろう?
ずいぶん紆余曲折があったような枝ぶりですね!
Commented by ふんころがし at 2009-04-05 05:53 x
KETUNORI(^-^)ノ さん
お早うございます。
時折訪れて散策します。
このでかいだるまは国道からも見えます。
桜もしだれは散ってしまっていました。
Commented by ふんころがし at 2009-04-05 05:59 x
マルコビッチさん
このだるまさん良く見ればとても慈愛のある眼差しですね。
時たま心の選択も必要かも・・・(*´・д・)?
自分がうろうろとしてると睨まれてる感じです。
Commented by ふんころがし at 2009-04-05 06:11 x
吾亦紅さん
お早うございます。
だるまさんは建物の後ろにどかっと座っています。
一寸悪戯心で屋根からのどいてる感じに嵌めて写しました。
耳を澄ませば水琴窟の綺麗な音色が聞こえます(*´・д・)・・・♪
Commented by ふんころがし at 2009-04-05 06:19 x
aiさん
お早うございます~♪
邪念な心を見透かしているかのようなだるまさんヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
山桜です。苛め抜かれたような古木でした。
でもいい音色の水琴窟。