限界集落 (第25回)

滝本
鎌塚から更に奥え10㌔ほど細い山道を上り峠を越す。少し開けたところが滝本だった。
見える限りでは4軒の家があった。この辺りの郵便管轄は那智勝浦となっていた。
田地は荒れ放題で稲作が目に付いた田は2枚だった。
沢歩きの二人に出会い話を聞けば、何よりも川に生活ゴミの無い所が魅力だと話していました。
d0147530_4132957.jpg




清流赤木川上流
↑二人は小口まで沢下りをすると話していました。
d0147530_4153650.jpg

丘の上の一軒家
d0147530_4155249.jpg

谷間にも家があった。
d0147530_416648.jpg

撮影場所 新宮市熊野川町 (7月29日撮影)
[PR]

by hunkorogash | 2008-08-07 05:11 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/8407840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミン坊 at 2008-08-07 07:44 x
このあたりまで来ると、傍若無人なキャンパーたちも足を運ばないのでしょうねえ。
奥深い自然に入れば入るほどゴミには気をつけてもらいたいですねえ。
ゴミの始末が出来ない人々は、民間の有料施設で遊んでもらいたいですね!
Commented by ふんころがし at 2008-08-09 06:28 x
ミン坊 さん
流石にここまで入り込むキャンパーはいないでしょう。
紀州の屋根って感じです。
案外ゴミ始末の出来ない人はタダを好むものらしい!。
でもこんなきれいな水辺を汚さないような気分になります。
水も空気も旨い!。