限界集落 (第20回)

危険な所
道沿いの急な斜面にへばりつくように高石垣の上に家がある。
でも昔から暮らしていれば何も不住や危険も感じないで住み続けているのでしょう。
d0147530_692041.jpg




不安
d0147530_6103138.jpg

高石垣の家
d0147530_6204458.jpg

撮影場所 和歌山県
[PR]

by hunkorogash | 2008-07-24 06:26 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/8330408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミン坊 at 2008-07-24 07:38 x
急斜面に立つ家々、紀南の山間部の特徴なんでしょうねえ。
貴重な平地は農耕地に優先したためでしょうか。
当時の生活の厳しさをうかがい知ることが出来ます。
毎日上がり降りする急な坂道や階段は、ご高齢の方にとっては厳しいものがあるでしょうねえ。
Commented by kouhei at 2008-07-24 21:51 x
↑に同じく、お年寄りどころか若いもんでも毎日の
生活厳しいでしょうね。家を建てる時なんか大変だったでしょうね。
↓いいえいいえ、浜からですからふんころがしさんの様な
素晴らしい写真の足下にも及びませんです。はい。
Commented by ふんころがし at 2008-07-25 05:35 x
ミン坊さん
昔この地方は木材運搬に筏を使い流したので川岸の急斜面に家を建てて住んだと思うのですが?
車は庭先までは行かない皆道路沿いに置いている。
毎日上り下りするのは大変でしょう。
移動販売車が来ていました。
Commented by ふんころがし at 2008-07-25 05:42 x
kouhei さん
何時も有難うございます。
家々をしたから仰ぎ見ただけでも過去を思い出すと共にこれからの事も思う。
大地震を考えた時不安になりました。

浜からですか・・・スナップ撮れたでしょうね!