限界集落  (第14回)

三川の串 (Ⅱ)
歯が抜けたように飛び飛びの家は家族も少なく年老いた人々が暮らしている。
一人一人がとても逞しく誇りを持って生きているように思えます。
この串から遥か奥に小森がある。小森は開けた所で家数も多い。
d0147530_6104591.jpg




3軒目の住人
d0147530_6111037.jpg

野良仕事
d0147530_6112569.jpg

撮影場所 田辺市三川
[PR]

by hunkorogash | 2008-07-10 06:26 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/8250861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミン坊 at 2008-07-10 08:04 x
背後に迫る急峻な山林。
平坦な土地は畑や田んぼに優先したのでしょうねえ。
自然と協調しながら人が生活している風景はいつ見ても美しいですねえ。
Commented by hunkorogash at 2008-07-11 05:30
ミン坊さん
いつもありがとうございます。
この辺りは田畑が殆ど無く山肌に時折家がある。
そんな自然の中で生活をしてる姿に感動しました。
しかし大地震があればどうなるのかと思う有様。