限界集落 (第5回)

美山村小川の3軒
龍神村のもみじ谷橋を左に行けば小川に小集落があった。
今住んでるのは三世帯だけで皆親戚だそうです。昔から山を受け継ぎ山林を営み続けて来た人達です。
生活圏は龍神村や田辺市内だそうです。美山に出るには遠いと話していました。
d0147530_4352843.jpg




手もみの茶
d0147530_4355378.jpg

空き家が・・・
d0147530_436965.jpg

撮影場所 日高川町美山村字小川
[PR]

by hunkorogash | 2008-06-16 05:01 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/8106912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミン坊 at 2008-06-16 07:53 x
生活用品から釘一本まで、町に買い出ししなければならない環境って、
我々が想像する以上に厳しいものがあるんでしょうねえ。
しかも、集落にあった雑貨屋さんも店を閉じ、市内の量販店まで出向かなければ手に入れることが出来ないなんて、逆に不便になっているのかも。
でも、心のどこかで、このような生活に憧れている部分もあります。
Commented by housi216 at 2008-06-17 22:50
2枚目の写真、おばやんの声が聞こえてきそうでいいなあ~
私も二十歳代の時からこのような生活にあこがれていました・・・。
甲斐犬か紀州犬を人里離れたところで飼ってみたいなあと。
結局、紀州犬にしたけど~
今、飼っているのはチワワですけどね!

昔は、小さな集落の中でタバコ屋さんもあり魚屋さんもあり雑貨屋さんもあり、それなりに生活していけたんだけど・・・。

これからはインターネットの時代で、宅配業務が進んできているから、多分絶対これからは田舎の時代になるような気がするんですが・・・。
同じ生きるのなら、自然の豊かなところに住まなきゃ損ですものね・・・。


Commented by moya at 2008-06-18 00:13 x
2枚目の写真、特に好きです♪
昭和30年代にタイムスリップしたような錯覚が・・。
こんな作業、さりげなく撮らせていただけるのですね。
ふんころがしさんのお人柄でしょうか。
Commented by hunkorogash at 2008-06-18 06:40
ミン坊さん
この場所は確かに過疎の過疎!
でも住めば都。長閑な時間がたまらない思いでした。
山を守って生きている様子です。

Commented by hunkorogash at 2008-06-18 06:50
housi216さん
しばらく話をしながら撮らせて頂きました。
でも此処の方たちにはインターネットはまだみたい!
話し込んでる所に竜神からJAの職員が来ました。2ヶ月に1回来るんだといっていました。
せせらぎの音、河鹿の鳴く声を真昼に聞きました。
なんとなく物寂しさの中で何時までも残したい自然です。
Commented by hunkorogash at 2008-06-18 06:55
moya さん
私もこの光景が好きで撮らせて頂きました。
不思議なくらい素直な素晴らしいご婦人です。
3軒の家は皆親戚だと言っていました。
空き家も2,3軒あるようでした。