限界集落 (第1回)

分領山の一軒家
田辺市の北東部に位置する分領山の中央部に今も一軒の開拓農家が住んでいます。
入山していた他の開拓農家はすでに離農していて今は杉林になっています。
人懐っこい小母さんが初対面の私に畑のサヤエンドウをもぎ取ってくれました。
d0147530_6491210.jpg




曲がりくねった山道を辿ると・・・
d0147530_6493569.jpg

棚田は田植えが終わったところでした!
d0147530_6511725.jpg

廃屋となった家
d0147530_6591886.jpg

撮影場所 田辺市石船
[PR]

by hunkorogash | 2008-06-12 07:25 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/8082933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミン坊 at 2008-06-12 08:10 x
石船って書いてイシブリって読むんですよねえ。
滝尻から平瀬へ上がる途中の石船から山へ上がるのでしょうか。
一度、登ってみたい山です。
こちらからは、いつも双子の山が見えてますもんねえ!
Commented by Keyaki at 2008-06-12 09:03 x
この道をずーっと登って行くと、分領山の頂上近くへ行けます。
まぁ 登っても特別何か良い物があるわけではないですが、大師堂(祠)があって、そこから鮎川~富田川が眺められて、私の好きな景色が見えます。
この家の方が、頑張っておられるのを見ながら通っていましたが、写真を撮る意識は出なかったです。
Commented by hunkorogash at 2008-06-13 06:40
ミン坊さん
↑書かれてる通りです。
下の道から2キロぐらい登ったところです。
何時も過疎の住人を探していく時は電柱を頼りに行きます。
ここの方はおおらかな屈託の無い老夫婦でした。
Commented by hunkorogash at 2008-06-13 06:46
Keyaki さん
大師堂(祠)のある辺りからの夕暮れの風景が素晴らしいことでしょう。
一度行ってみたい。でも車で登れますよね?。
年に一度大師堂のお祭りもあるのですね?。
夕焼けの出そうな時期には行きたいなぁ~
Commented by housi216 at 2008-06-13 07:42
以前、分領の滝が見たくて登ったことがあります。
上に行って林道があったのでがっくりきました・・・。
大師堂あたりからの眺めはいいですね~
Commented by moya at 2008-06-13 23:02 x
古座川だったり、重畳山だったり、そして私の生まれた村だったり、雰囲気は南紀に共通のものですね。
なつかしいけれど、やがて消えて行くかもしれない風景に、もの哀しさも覚えます。
何気なく曲がりくねった道、トタン張りの家のたたずまい。
記憶にとどめておきたいものです。
Commented by hunkorogash at 2008-06-14 07:51
housi216さん
山の上まで登ったことがありません。
一度行きたいなぁ~と思っています。
夜にかけての眺めも良いだろうね!。
Commented by hunkorogash at 2008-06-14 07:57
moya さん
村がどんどん消えていく!残った主が居なくなれば家の戸はもう二度と開く事は無い。
何時までも残しておきたい時間の止まった時を!
こんな気持ちで写しました。