蔵出し

玉置神社では春の祭事が近づき、神前に飾る神具を白装束の男達が出していた。
時折訪れる参拝客も、下から上に吹き抜ける雪混じりの風を避けるように神社を足早に去っていった。
撮影場所 奈良県十津川村
d0147530_6405232.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2008-03-03 06:59 | 紀南の祭り | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/7396525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミン坊 at 2008-03-03 07:59 x
山伏さんでしょうか。
十津川村は、吊り橋しか行ったことがないのです。(´・ω・`)
春には、一度行ってみたいですねえ。
Commented by ふんころがし at 2008-03-03 15:34 x
ミン坊さん
玉置神社は厳格な神社です。3月8日?春のお祭りです。
石楠花の美しい所でもあります。
この辺りは細かくうろつけば面白い所があるかと思います。
桜の時期に一度行きませんか!ダム湖に生える場所に桜があります。
Commented by housi216 at 2008-03-03 21:25
昔からのリヤカーですね。
脱いでる靴がジョギングシューズみたいで、面白い!
右端に何気なく入っているおばあさんの後姿が印象的です。
最近、こちらの方面へも全然出かけてないなあ・・・。
春になったら、あちこちウロウロしたいものです。
いい写真を見せていただくと、こころがワクワクしてきます。
ああ、どこかへ行きたい~
Commented by のん太 at 2008-03-03 21:55 x
十津川出身の友人は、温泉自慢をします。ここのが一番だって。
それだけじゃなくって、時間がゆったり流れてるような、優しい風が吹いてきそうです。俄然行ってみたくなりました。
Commented by moya at 2008-03-04 01:07 x
若い頃から何度か行っていますが、十津川はいいですね。
ふんころがしさんの視点が、ここでも光っていると思います。
↓の滝のたたずまいにも、圧倒されます。

Commented by ふんころがし at 2008-03-04 10:21 x
housi216さん
ジョギングシューズ、リヤカー、山伏の格好と古めかしい建物。
取り合わせが面白いと感じました。
カメラ虫が撮れ撮れと誘うもので、パチリとやりました。
十津川は歴史的にも探索して価値のあるところだと思います。
Commented by ふんころがし at 2008-03-04 10:30 x
のん太 さん
確かに時間が止まっている感じです。この雰囲気が好きだと感じています。
オテモヤンに「エエトコヤデ~」と話すと、ヤレョー、寒いとこにはいかんはだって・・・(^-^;)
Commented by ふんころがし at 2008-03-04 10:39 x
moya さん
十津川には歴史があります。
村人にもこの地で住んできた誇りと自信のようなものが流れています。
住めといわれても棲みたくは無い私!
でも此処の人達は住めば都なのでしょう。