熊野古道の木蓮

熊野古道沿いにある木蓮がやっと咲きだしました。辺りは獣が荒らしていた。
人間は山全体に針葉樹を植え、広葉樹の森がが無くなり、餌になる木の実が無い。飢えた獣は里に出て来て田畑を荒らし廻る。人間が檻の中で暮らしている。人間がした仕業への恩返しだろう。
d0147530_1043190.jpg


d0147530_105111.jpg


d0147530_1052388.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2017-03-27 10:06 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/24022522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-03-27 14:25
青空に木蓮、素晴らしいですね、バグースです。人間は自然界にてを入れて、バランスを壊して、いるばかりですね。
Commented by hunkorogash at 2017-03-29 07:57
バリ島大好きさん
お早うございます。
人間の世界は矛盾も多いいが面白いこともたくさんありますね。
花便りは花盛りの時期を迎えそうです。