継桜王子の一方杉

熊野古道の中でも田辺市中辺路町近露の継桜王子。とがの木茶屋の辺りは古道の中でも最も歴史を感じさせてくれる場所です。
とがの木茶屋には熊野古道を守り続ける語り部の皆さんが交代で詰めてお世話してくれています。
野中の清水で沸かし、冷やした番茶を頂いた。汗ばんだ体の芯まで癒してくれました。
d0147530_1653378.jpg


d0147530_1655515.jpg


d0147530_166827.jpg

[PR]

by hunkorogash | 2016-06-26 16:10 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/23251195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。