人形焼納供養

節分の昨日、田辺の八立神社で人形焼供養がありました。
武者人形や雛人形が並べられ、神主さんのお祓いのあと焼納された。
子供たちの健やかな成長を願って飾られるのは今も昔も変わっていない。
d0147530_7231589.jpg




d0147530_7235788.jpg


d0147530_7241653.jpg

撮影場所 田辺市元町
[PR]

by hunkorogash | 2013-02-04 07:25 | 紀南の祭り | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/17757980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 吾亦紅 at 2013-02-04 13:13 x
毎年の行事なのでしょう?
人形も沢山あるものだと、思いました。
こういうお人形って、毎年買いかえるものなのでしょうか?
Commented by housi216 at 2013-02-04 17:53
いつ見せてもらっても、怖い感じがします・・・。
女の子の怨念みたいなものを感じたりして・・・。
雛人形はよく見るんですが、五月人形はどうするんだろう?
いいものを買って、代々受け継いでいったらいいのにと思ったりしますが、人形屋さんはそれでは商売にならないか・・・。
Commented by ふんころがし at 2013-02-05 08:06 x
吾亦紅さん
お早うございます。
不思議なほど年々人形の数が多くなる感じです。
中には面白いもの(位牌)などもあります。
神社で位牌を焼くのはどうかと話されていました。
Commented by ふんころがし at 2013-02-05 08:15 x
housi216さん
お早うございます。
焼けて石膏で出来た顔の部分が残り悲惨さを感じますね。
五月人形の中にもったいない高価な人形も沢山有ります。
いい人形を何時までも使うことが大切と思う私が間違っているのかなぁ~・・・。
置き場所に困って焼く人も?。
人形屋さんは両手を上げて喜んでいるかも・・・。
人形もネットで買うかも?。