火振り漁

古座川で今年も火振り漁が始まった。
川の両岸、上下に網を張り、油を入れた筒に火をつけて振り落ち鮎を網に追こんで行く。
黄昏の風物詩でした。
d0147530_6552342.jpg





d0147530_6555955.jpg

撮影場所 和歌山県古座川町
[PR]

by hunkorogash | 2012-09-24 06:59 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/16869756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by housi216 at 2012-09-27 23:33
日置川ではやっていないと思いますが、昔からやられているんでしょうね~
色々南紀の風物詩を見せていただき、ありがとうございます!!!
Commented by ふんころがし at 2012-09-28 08:28 x
housi216さん
お早うございます。
火ぶり漁は古座川と四万十川だけと聞いていますが?
この漁は鮎の資源保護のため川下はごく短い間の許可からしい。
多い日には一晩で1000匹ぐらい編みにかかると聞きました。
網目も規制されて小さい鮎はかかりません。
とても長閑な風物詩です。