上村の流れ施餓鬼

清流安川で毎年8月15日に行われる上村の流れ施餓鬼。
竹の骨と麦藁で出来た船に大きな藁人形と新仏を乗せて読経の中火を放ち流す行事です。
県の無形文化財に指定されている。
d0147530_9225381.jpg





d0147530_9232438.jpg

撮影場所 田辺市下川
[PR]

by hunkorogash | 2011-08-18 09:26 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/14370136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 吾亦紅 at 2011-08-20 17:11 x
今年は、特にこのような行事に思いがこもります。
しっかり見せていただきました。
Commented by ふんころがし at 2011-08-21 06:22 x
吾亦紅さん
お早うございます。
いつも有難うございます。
今年はこの施餓鬼掲載するか止めようかと迷いながら出しました。
ひとつの願いもこめまして・・・
Commented by housi216 at 2011-08-21 11:02
義母の初盆も、仏壇が兵庫県の義兄の所にあるので市鹿野では、和尚さんに拝んでもらっただけです。
いつまでも残してほしい行事ですね。
毎年、見せてもらっていつもそう思います。
市江では初仏は、舟で海に流していたのが、今は燃やしています。
Commented by ふんころがし at 2011-08-22 11:51 x
housi216 さん
この施餓鬼も燃え残った麦わら舟は翌日燃やしてしまうらしい。
川には残せないと話していました。
美しい灯篭や提灯も燃やしています。
保存会の皆さんがたの奉仕です。