飛沫

梅雨の頃の滝は枯れる事はない。
柔らかな光をはじき返すように小さな沢から飛沫が流れ落ちていた。
d0147530_711344.jpg




d0147530_714983.jpg

撮影地 和歌山県古座川町
[PR]

by hunkorogash | 2011-06-11 07:05 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/13754125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルコビッチ at 2011-06-11 07:37 x
おお~2枚目いいなあ~
やはり足を運ばないと撮れない写真はいいです。
何気ない自然のヒトコマは心にしみてきますね!
私も、書を捨てよ町へ出ようっと。
カメラ片手に・・・
Commented by のん太 at 2011-06-11 18:42 x
お久しぶりです。
しばらく来れませんでした。
う~~ん、癒しをいただきました。
Commented by ふんころがし at 2011-06-12 07:13 x
マルコビッチさん
お早うございます。
雨のときも結構いい風景に出会えますが億劫ですね。
時折なんでこんなにまでして写しまわるんだろうとか・・・?
Commented by ふんころがし at 2011-06-12 07:17 x
のん太さん
お早うございます。
私も癒しを探してほっつき歩いているのです。
ほっつき歩くことが癒しかも…?。
Commented by housi216 at 2011-06-12 17:00
休みになったら写真を撮りに行きたい場所があるんだけど、どうも雨を見てたら出かけるのが億劫になってしまいます。
パソコンから飛沫が飛んで来そうなくらいです。
いいなあ、自然豊かな和歌山!
Commented by ふんころがし at 2011-06-13 06:46 x
housi216 さん
お早うございます。
緑濃い木立の中や、深い森の滝や、流れの清らかさには格別なものを感じます。
手付かずの森がもっともっと増えることを願います。
必ず水も美しく多く流れることでしょう。