植魚の滝

紀州の屋根と思わせるような深い山中の苔むした滝です。
流れの両側には切り立った岩が聳えたっている。
頭上から滴り落ちる雫に濡らされながら滝まで辿り着いた。
d0147530_5205299.jpg




d0147530_5215425.jpg

撮影地 和歌山県古座川町
[PR]

by hunkorogash | 2011-05-29 05:24 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/13670943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルコビッチ at 2011-05-29 08:07 x
反対側も見せていただいたんですが、
滝まで渓流を上がってくるのでしょうか?
しかも暗そうですから三脚必携でしょうし。
やはりネイチャーは体力と気力がいるんですねえ!
Commented by のん太 at 2011-05-29 08:20 x
こんなところに立ったら、自然の驚異に圧倒されると言うか、
足がすくむ、、、、自分が小さくなっていくようです。
Commented by 吾亦紅 at 2011-05-29 08:59 x
一枚目の写真の左側の岩は、どうなっているのか?想像をかき立てられます。
どうやっておりたのか、それとも、マルコビッチさんがおっしゃるように上ったのか、いずれにしても、良い写真は、腕と体力と根性、想像力ですか。
Commented by at 2011-05-29 20:30 x
こんにちは、いつも楽しませていただいております。
少し雨が降ったので、水量も回復しているようですね。
すみませんが、「植魚の滝」なんです。よろしくお願いします。
Commented by ふんころがし at 2011-05-30 11:17 x
マルコビッチさん
今日は。
鮎釣り用の長靴で渓流を上ります。
三脚は必要です。
とにかく露出が難しい。
最後はマニアルで写しました。
Commented by ふんころがし at 2011-05-30 11:27 x
のん太さん
堀割られたような絶壁に間が流れです。
山蛭も居りますがウッドンチッキが体を清めてくれそうな感じです。
ざわざわと滝の音が響渡っていました。
Commented by ふんころがし at 2011-05-30 11:59 x
吾亦紅さん
被さって来ている岩なのです。
この被さった岩の下での撮影です。
切立った絶壁の間の川を上り辿り着きました。
美しい緑が目に焼きついています。
Commented by ふんころがし at 2011-05-30 12:08 x
海さん
ようこそ♪
お越しいただき有難うございました。
とても綺麗な水と雰囲気、それに滝。
Commented by sky-blue-feel at 2011-05-30 21:00
すみません、この滝の名前は「植魚(うえうお)の滝」なのです。
名前には、由来があるんですよ。
今からの時期は、ヒルが恐くて行けません。
また、秋に訪れたいと思います^^海
Commented by ふんころがし at 2011-05-31 06:25 x
sky-blue-feel さん
どうも有り難うございました。
逆さに表示に気付ませんでした。
Commented by housi216 at 2011-05-31 20:38
植魚の滝~
和歌山でも那智の滝や宝龍の滝とはまた違った趣の素晴らしい雰囲気を持った滝ですよね!
私は、個人的にはこちらの方が好きです~
Commented by ふんころがし at 2011-06-01 04:48 x
housi216さん
お早うございます。
趣が違っていて滝の中でも秘境って感じですね。
後ろに控える大塔山の神の住む滝とも思えたりします。
とにかく露出のとり難い事。