大根の詩

寒いこの時期富田川河川敷で大根乾しをしていた。
どれもこれも見事な大根ばかりで季節の風物詩を感じさせます。
d0147530_783719.jpg





d0147530_79868.jpg


d0147530_792232.jpg

撮影地 和歌山県白浜町
[PR]

by hunkorogash | 2011-01-22 07:10 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/12738005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルコビッチ at 2011-01-22 08:39 x
お早うございます~
冬の冷たくて乾いた風が大根干しにとっては大事なんでしょうねえ!
おいしいタクアンになるんだろうなあ。
透けるように白くてすべすべの肌、大根足ならず大根肌!

Commented by ふんころがし at 2011-01-23 11:27 x
マルコビッチ さん
今日は。
大根もこんなに多く干すと正に冬の風物ですね。
寒風に吹き晒されて甘くの布でしょうね。
大根足でなく大根肌ウフフ・・・
Commented by housi216 at 2011-01-23 21:00
市江の橋の欄干にも毎年大根干しています。
こんこ、きざんでおかいさんと食べたら最高です!
やっぱり、あの田舎臭いこんこでなければ決まりません。
Commented by ふんころがし at 2011-01-24 06:41 x
housi216さん
おはようございます。
「こんこ」とはとても懐かしい響きの言葉です。
やはり田舎漬けのたくあんが美味いですね。
茶粥を食べる私は同感です。
Commented by fyha at 2011-01-24 18:20
こんばんは
ということは、そちらも寒くて乾燥してるんですか
家の方では寒天なんかを作ってますよ
じゃー、撮ってこいってww
Commented by ふんころがし at 2011-01-25 06:29 x
by fyhaさん
おはようございます。
うんうん~撮ってきて見たい!。
今年は毎日が寒い。長続きの寒さですね。
例年ならば梅園が開かれる時期ですが梅の花は固い蕾です。