秋彩

雨の平谷
紀州の屋根と呼ばれる奈良県十津川村平谷は熊野古道小辺路ルートで山深く神宿る奥熊野です。
護摩壇山に通じる林道も崩れ落ちた砂岩が道幅を狭めていました。
雨の林道を危険を感じながら通り抜けてきた。
d0147530_648433.jpg




濡れた錦秋
d0147530_6491061.jpg

残り葉
d0147530_65039.jpg

撮影場所 十津川村
[PR]

by hunkorogash | 2009-11-12 07:00 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hunkorogs.exblog.jp/tb/10445833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルコビッチ at 2009-11-12 07:42 x
雨に煙る深山。
ひっそりと雨に打たれながらも冬への準備をしているのでしょうねえ。
まだまだ行ったことがない山間部、ふんころがしさんの写真を見せていただいて、いつかは行ってみたいと思う気持ちが強くなってきます。
Commented by ふんころがし at 2009-11-13 06:39 x
マルコビッチ さん
お早うございます。
紅葉の時期になるとさすらうように奥地に引き寄せられます。
かんかん晴れでは絵柄になりませんので雨の降るときに良く行きます。
ですから道路からあまり外れた所は行きません。
傘差して捕るくらいですが・・・。
Commented by fyha at 2009-11-15 14:14
こんにちは。
濃い霧かなと思いましたが雨ですか。
やはり、かんかん照りでは乾いた写真になりますよねぇ。
しかし、雨では撮影もままならず・・・・・
私では、そんな勇気ある行動はできません。
しっとりとした良い色がやはり出てます。
やっぱ、努力の違いだな。
Commented by ふんころがし at 2009-11-15 15:04 x
fyhaさん
私はなでか雨の日の紅葉を撮るんが好きです。
おもむろに色濃くて沈み込む辺りが好きです。
そろそろ平野部にも紅葉が降りてきました。
祭りや紅葉だと忙しいこと!。