山桜

今年は去年より開花が少し遅れている感じです。やっと咲いてきたなと感じる昨今。
d0147530_939886.jpg


d0147530_9393086.jpg


d0147530_9394996.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-25 09:40 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

虎視眈々

最近犬も人間並み?。この国を支えて来た官僚制度が根腐れを起こしていると新聞にあった。
文科省の組織的違法天下りが30件も判明したという。許認可で大学の首根っこを押さえる文科省の手口は悪質。弱点を見つけては大学側に押し付けると書いてある。
d0147530_10385987.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-23 10:39 | その他のスナップ | Trackback | Comments(0)

山桜

暑さ寒さも彼岸まで・・・
一雨ごとに花便りの届く時期に来ました。
過疎の山道を車走らせていると、山桜がひっそりと咲いていました。
d0147530_10353366.jpg


d0147530_10355376.jpg


d0147530_1036873.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-21 10:37 | 紀南の草花 | Trackback | Comments(2)

淡い新緑

水辺の暖かなところでは木の芽吹きが鮮やかに映し出されていました。
d0147530_7375951.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-19 07:38 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

建設現場

公共事業が多くあれば寂れた町にも活気がある。
去年までは高速道路建設で物凄い数のダンプカーだった。ダンプも今は少なくなった。
d0147530_9321820.jpg


d0147530_9323793.jpg


d0147530_9325553.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-17 09:33 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

木蓮

木枯らしに梢をひゅうひゅう揺らしてた木蓮。
待ち侘びていたように梢を白く膨らまして来ました。
d0147530_9542766.jpg


d0147530_9544015.jpg


d0147530_955352.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-15 09:55 | 紀南の草花 | Trackback | Comments(2)

長い年月を経て土を抱え込んだまま凄い根が張れるのだろう。
東京電力が原発事故を起こしてから6年経つ、今もってデプリカの場所がわからない。
わかってからの処理は?。一時的保管すら難しいらしい。廃炉には40年。気の遠くなる話。
しかし、すでに原発は前に前に動いている。目先だけの進め方。
最後に付けが回って来るのは国民です。
d0147530_8154633.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-13 08:17 | その他の風景 | Trackback | Comments(0)

モウセンゴケ

続です。全体の生植状態を確認できました。
d0147530_15434977.jpg


d0147530_1544110.jpg


d0147530_15441318.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-10 15:44 | 紀南の草花 | Trackback | Comments(0)

やつで網

川口ではやつで網を使って昔ながらに「しろうお」漁をしていた。
早朝の川口は冷めたい。
d0147530_822271.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-08 08:02 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

丘の上では子供たちが元気に遊んでいました。
手前の人影が子供たちを見守っている・・・?、それとも親御さん?・・・不思議な光景です。
d0147530_7575690.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-06 07:58 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

漁村の朝

寒い朝、漁師さんが引き上げた網の魚を外していた。
おこぼれを求めて鳥が集まって来ていた。海の中の鳥居が向の神社を指している。
d0147530_8194136.jpg


d0147530_819539.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-04 08:21 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(2)

三椏

三椏(ミツマタ)は高級和紙の原料になる。最近見かけなくなっている植物です。
d0147530_8243928.jpg


d0147530_8245419.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-03-01 08:24 | 紀南の草花 | Trackback | Comments(2)

モウセン苔

先日モウセン苔を近くの斜面で撮影した。ウツボカズラと同じ食虫植物らしい。
小さいながらも紅い肌には粘着性があります。
d0147530_1125921.jpg


d0147530_1131343.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-27 11:03 | 紀南の草花 | Trackback | Comments(4)

川口の船着き場

子春日和の朝、川口にはカモが群れて浮いていた。
春を待ち遠しく思うこの頃です。
d0147530_803676.jpg


d0147530_804945.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-25 08:02 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

干しさんま

干しさんまはあぶらの落ちた近海物が旨いと漁師さんが話していました。
網を仕掛け近場で獲ると、さんまの口や鰭に傷がつくが、このようなさんまが旨いらしい。
真水で良く洗い干すと美味しく仕上がる。
d0147530_828561.jpg


d0147530_8291014.jpg


d0147530_8292214.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-23 08:31 | 紀南の暮らし | Trackback | Comments(0)

南高梅満開

一目百万本の梅の郷みなべ町。南高梅が今満開を迎えている。体に良いとされる梅の実の加工に知恵を絞り頑張る生産者。農民は何時も喜怒哀楽に正面から向き合って生きている。
原発事故が起きてもう6年なるが後始末さえできないまま目先の利益をむさぼり、都合の悪いことは次世代に回す人々に、しょっぱい梅の実を贈りたい。
d0147530_810146.jpg


d0147530_81017100.jpg


d0147530_8103320.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-21 08:11 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(3)

川口の朝霧

晴れた穏やかな朝、ほのかに霧が立ち上り、遠くを行くタンカーが浮き上がって見えた。
d0147530_7491117.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-19 07:50 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

梅の花

2月は光の月とも言われている。今日は春一番でも吹きそうな暖かな朝だった。
時折雨のぱらつく中、みなべ町の梅の花を見てきました。梅園には行かなかった。
d0147530_11395036.jpg


d0147530_1140699.jpg


d0147530_11403184.jpg

蠟梅
d0147530_11404362.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-17 11:43 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)

固定の石積み

ダム湖の水位が落ちて水没した石垣が鈍い色合いで晒れていた。
田圃や畑の石垣にも見えるが、家のあった場所かもしれない。当時暮らしていた人々に思いをはせた。
d0147530_11304587.jpg


d0147530_1131288.jpg


d0147530_11311886.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-15 11:33 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(0)

黄昏の千畳敷

暮行く冬の千畳敷は人影も疎ら。
穏やかな黄昏をぼんやり眺めてる時は幸せな気持ちになれます。
d0147530_1119948.jpg


d0147530_11192453.jpg

[PR]

# by hunkorogash | 2017-02-12 11:20 | 紀南の風景 | Trackback | Comments(2)